やる気が出ない時、どうしますか?

受かりたいけど、やる気が出ない時の対処法

自然とやる気が出る、効果実証済みの方法とは?

あなたも不思議に思ったことはありませんか?

あまり勉強もしていなさそうなのに、免許の試験を楽勝で受かったり
学校の試験でカンタンに高得点を取ったりする人がいるのを。

あなたの周りにも、なぜか試験となると、いつも高得点をたたき出す人
いませんか?

しかもどういうわけか、苦労してそうな様子が全くない。

でも、その人は普通の人で、別に私たちと何ら変わるところがありません。

そして、彼(彼女)達は、こういいます。

やばいやばい、今回の試験はやばいよー、
今回は全然勉強してないよー
どうしよー

それを聞いたあなたは、なんだ、そうなんだ。いつも高得点を取るこの子が
そう言うんならなんだか安心した。と

ところがいざテストが返ってくると

92点、98点、100点・・・
あらゆる科目で高得点を取っているのです。

そして自分は?


あなたは心の中で叫びます。

「ちょっと!自信なんか全然ないって、言ってたじゃん!
なのに、その点数は何なの!」

・・・しかしよく考えてみると、いつもこうだったと思い出すのです。


でも、彼らは何も悪くありません。
正当な努力をしているだけです。一生懸命頑張っているのです。

しかし、本当に重要なのは、そこではありません。

一番大切なところは、それは

彼らの努力は顔にでない、という所です。

そして、あなたの努力は顔に出るので、すぐに見て分かるのです。
いつもと表情が違います。


ここで大切なのポイントは
一方は、努力をしていても涼しい顔をしている。

そしてもう一方(あなた)は、努力すると苦痛が顔ににじみ出てくる、ということです。

同じことをしているのに一体何が違うのでしょうか?

実は、一方は、同じ努力をしていても、苦痛を感じる努力をしていない。
しかし、あなたは努力に対して、苦痛を感じている。

どうでしょう?
今まで、このような事を考えたことは、ありましたか?

もしかすると、同じ学校で、同じ勉強をやっているから、相手も自分も、
勉強のやり方や、勉強している時の気持ちまで、全部一緒だと思っていたのでは
ありませんか?

もちろん、そんなことはありません。
というか、ここが決定的に違うのです。

では、

この違いは、一体どこから生まれてくるのか?
興味はありませんか?

勝負は始まる前から決まっている。

あなたも試験で高得点を取りたいと思っているはずです。
免許の試験に、一発で受かりたいと思っていると思います。

そして、やる気を出そうと頑張っているのではありませんか?

しかし、残念ながら、この時点で勝負はついているのです。

その理由は、カンタンです。
彼らはやる気が出ても、それをストップするしんどい考え方をしていないからです。


でも、そうじゃない人は
やる気を頑張って出した上(頑張って出すものだと思った上)、やらなきゃいけないという
苦痛を感じています。

そして、せっかくやる気が出たのに、大きな抵抗をかけてしまっているのです。

このような状態で、一体どうやって、やる気を維持できるのでしょうか?
大変な苦労をしているのです。

あなたも、こんな勘違いしていませんか?

ここで、ちょっと考えて頂きたいのですが、あなたも好きな漫画や雑誌があると思います。

それを読むときは、苦痛を感じているでしょうか?
やる気を出そうとさえしていないでしょう?

だって、自分が読みたいと思って、読んでいるから。

それなのに、マンガの内容は、全部覚えている。

ところが、自分は記憶力が悪いと思っている。

大好きなアニメのセリフは全部覚えているのに。
友達に熱く、その漫画の感動したところを熱く語れるのに

自分では、メチャクチャ記憶がいいとは思っていない。
そして、まだ「そんなことないよ」とか抵抗が出てきていませんか?

楽しくやったことは覚えている

あなたもちょっと前に、テレビなどで色んな脳科学者の方が、楽しんでやった方が
脳はよく覚えていると言った話を聞いたことはありませんか?

免許の試験に受かる人と、落ちる人の違い

つまりこうです。
同じ試験に対する取り組む時の、気持ちが違うのです。

だから、一方の表情はにこやかで、明るさが表に出ます。

そして、もう一方は、大変苦痛に感じていますから、顔には苦痛が出てしまう。


だけど、決してあなたに能力がない、というわけではありません。

なぜなら、あなたにも、大好きなアニメやマンガ
男の人なら、車のスペックやパソコンのスペックはいくらでも話せるはずです。

一時間でも、二時間でも、話せるでしょう。

では、それはどうやって覚えたのでしょうか?


苦痛は感じず、自然体でとても楽しんでやったのに、出来ているのです。

つまり、マンガを読みたいと思った、それがやる気です。

そのときの気持ちです。



が・頑張らなきゃ!いい点とらなきゃ!とか、これはやる気ではありません。

それでも、出来なくはありませんが、あまりお勧めしたくありません。
これは、恐れだからです。

萎縮してしまうのです。

ハチマキをしめて、一生懸命に勉強しても出来ますが、スタバでくつろいで勉強しても
できるのです。


実は、私の友人は、大変勉強家ですが、いつもカフェで勉強して
先日、医者の試験に合格しました。一発で合格です。
(医者の試験は大変難しく、10年やっても受からない方もいるようです。

もちろん、勉強会には積極的に参加するなど、彼はいつも積極的な努力はいつもしています。
そして合格した後も、積極的に勉強会に参加し、知識の習得に余念がありませんでした。)

勉強は、めちゃめちゃしていますが、彼もやり方には疑問を感じていたようです。
よくそういった話を一緒にしていました。

私も、スタバなどで仕事をしてよいのだと、仕事と快楽を結びつけることによって
ようやく、上手くいくという実感をもてるようになりました。

今までは、笑顔で勉強も仕事もしたことはありませんでした。

ちなみに彼には、ワインをお祝いにプレゼントしました。


さて、大事なので、もう一度いいます。

あなたがマンガや車のスペックを覚えたとき
苦痛は感じず、自然体でとても楽しいでやったのに、出来ているのです。
(量にしたら、膨大な量です。)

つまり、マンガを読みたいと思った、それがやる気です。
そのときの気持ちです。

が・頑張らなきゃ!いい点とらなきゃ!とか、これはやる気ではありません。


もちろん、私の友人にプレッシャーがなかったわけではありません。
さすがに最後の2ヶ月は、追い込んで私達と連絡もとらずに、一心不乱に
受験勉強をやっていました。

でも、やっていたのはカフェです。
だからこそ、そのプレッシャーを軽減できたのだと思います。


こういった話を、今まであなたが聞いたことがあるかは分からないですが
面白い話だと思っていただけると嬉しいです。

でも、一生こういった取り組む時の気持ちや、気持ちを快楽に
結びつける、といったことを知らないままの人もいます。

しかし、あなたはこの大きな違いを知りました。
これで免許の試験の合格に、大きく近づいたと言っても過言ではありません。

でも、実際にどうすればいいのか?

しかし、そうは言っても、具体的にどうすればいいのでしょうか?
知ることは大切ですが、実際に使えなければ、何の意味もありません。

そこでこれが役に立つ。

あなたは東大理IIIに合格された、吉永賢一さんをご存知ですか?

東大の吉永さんによれば・・・

おっと、その前に・・・、東大というと、天才じゃないとムリだよね
などという思い込みがあって、東大生の話となると、自分たちには関係ない話と
思ってしまうのですが、そうではありません。

これは学校で受ける勉強のやり方が、そもそもおかしいという話です。

時代にもよりますが、世代によっては、暴力でやらされたり、バカにされたり
やりたくないことを無理にやらされる、といったひどく嫌な体験をしていると
思います。

あまり深く話すと気持ちがネガティブになりますので、これくらいで
その話はちょっと置いておき、東大の吉永賢一さんは 偏差値93、東大理III合格
東大家庭教師として1000人以上を指導し

彼は幼少時よりつねに最適な勉強法を模索し
センター試験では物理を3分で解答し満点
代ゼミ模試では数学を5分で、英語を8分で解答しそれぞれ満点

宅地建物取引主任者試験も5日間の準備期間で合格しています。


そんなとんでもない吉永さんですが、もちろん頭がよいのは間違いありません。
しかし、ただそれだけではないのです。

大切なのは、幼少期からずっとつねに最適な勉強法を模索してきことです。
ほとんどの人は、幼少期からこんなことをやったことなんて、ないと思います。
だから、ただ頭がいいとか、そういう理由ではありません。

あなたにも、十分可能なことです。

ちなみに、私はこの方のスケジュール管理のセミナーDVDを購入したのですが
大変参考になり、仕事や勉強の効率がめちゃめちゃあがりました。


そんな吉永さんが、あるレポートの中で、こんなことを紹介しています。


「可能性を信じる力」
なぜか、多くの人は自分を信じることが出来ません。
暗記力の問題以前に、自分を信じることが出来なければ、自分の能力を発揮することは
大変難しくなります。

あなたはどれくらい、自分のことを信じているでしょうか?

そして、周りはあなたを信じてくれているでしょうか?

勉強をやらせている側が、やらせたうえに、あなたを信じていないなら、あなたは
大変難しい環境の中で、勉強をしていることになります。

・そしてあなたは勉強をやりたいと思っているでしょうか?
・やらされているだけでしょうか?
・楽しさと結びついているでしょうか?


不思議な数字の効果
ただ漠然とやれと言われきたなら、あなたのやる気は逆に落ちてしまい、膨大な量に
(感じてしまう)うんざりとしていることでしょう。

それなら、この数字の効果を使って、今までの自分への刷り込みを、変えてください。


やる気が出てくる数字にかける魔法のスパイス

さっきの不思議な数字の効果を、さらにパワーアップさせる方法がこれです。
この話を読めば、あなたは自分自身にやる気とモチベーションを与えることが出来るでしょう。


指示をしても実行してもらえない!

この項目は、指示ばかりされて、具体的な実行手段を示してもらえない、と置き換えて
読んでみてください。

今の学校の教育では、勉強をただ漠然と教えていて、勉強の仕方については、何の教育も
なされていません。

ですから、あなたは教師によって、点数に大きな差が生まれてくるのです。
先生が変わったら、点数が上がったという経験を、何度もしたことはありませんか?


途中でやめないコツ

継続が大事だよ、と言われたことはありませんか?

では、その継続の仕方は教えてもらったことはありますか?

それを示さないで、言葉だけで人が継続できるなど、不可能です。

では、どうすれば継続できるのか、そのコツをここで知ってください。


やる気を出す「次」の与え方

これは、せっかく途中でやめないコツをしった方が、次から次へと物事をこなしていく
方法について書かれています。

ここでは与え方、になっているので教える立場の人に向けて書いてありますが、あなたが
読むことで、自分自身に当てはめる事が出来るので、解決できるようになります。


やる気はありそうなのに、アイツ実際にはやらない。
返事はいいのになあ・・・


こんなことを言われたことはありませんか?

しかし、これは本人が自分でも、良く分かっていないことが多いのです。
あなたは、このレポートの中のどのタイプになっているでしょうか?

今回の免許の試験にあてはめて考えてみてください。

そして、自分の今のタイプを知って、対処法を考えることが出来ます。

これだけではありません、まだまだあります。

・あなた自身のエネルギーを高める方法

・計画に落とし込めること、落とし込めないこと

・夢へのスパイス

・上には上があり、下には下があるの話し

・「まで」の話し

・目上の人への伝え方

・自分の気持ちに乗っ取られる VS 相手の役に立つ

・将来の時間を節約する方法

・言いたくないことが役に立つ

・本当の出し惜しみとは?


などなど、他にもたくさんあり、ここには書ききれません。

実は、このレポートは無料でダウンロードできます。
こちらからどうぞ。


吉永さんの経歴ですが、

91年東京大学理科III類(医学部)入学。教師としては20年間の指導歴をもち
過去に指導した生徒は1000人を超える。

短期間に偏差値50台→70台など劇的な変化をみせる生徒も多く、生徒および
保護者から絶大な信頼を寄せられている。

センター試験では物理を3分で解答し満点、代ゼミ模試では数学を5分で
英語を8分で解答しそれぞれ満点。

なお、宅地建物取引主任者試験も5日間の準備期間で合格している。


吉永賢一さんの書籍一覧
東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法

東大家庭教師が教える頭が良くなる記憶術

東大家庭教師が教える頭が良くなる思考法

東大家庭教師が教える頭がよくなる読書法

東大家庭教師の結果が出るノート術

東大家庭教師の必ず結果が出る英語トレーニング

さて、あなたはこれらの事を、教えてもらったことが
あったでしょうか?

それどころか、勉強を強制されることが多々あります。

多くの人が、本を読むのが嫌いになる理由は、やりたくない事を無理にやらされる
といった経験をしたからです。

そして、自分は頭が悪いとか、勉強が出来ないなどと勘違いしていますのです。

でも、漫画の本は楽しく読めて、よく覚えている。
漫画の本の内容を覚えている時点で、記憶力は高いのです。

そして、漫画を何時間も読めるのには、わけがあります。
勉強になったら、続かないのにもワケがあります。

そこを自分で気く事が出来るのが、このレポートです。
こちらから無料でダウンロードできます。


世代にもよると思いますが、学校の本を読む事と、苦痛・罰・叩かれる、などの不安や
恐怖と結びついているのです。

楽しさと結びついたほうが、人はよく覚えるといった話を、以前、有名な脳科学者の方も
言っていましたよね。

こういった、マイナスの経験から、本当は自分には才能があるのに、出来ないと
思い込まされている人がたくさんいると思います。大変残念なことです。

そこで、紹介したいのが、先ほどの吉永賢一さんの最新レポートです。

彼は幼少時よりつねに最適な勉強法を模索し、
センター試験では物理を3分で解答し満点、
代ゼミ模試では数学を5分で、英語を8分で解答しそれぞれ満点、
宅地建物取引主任者試験も5日間の準備期間で合格しています。

そんな彼がエッセイ形式でやる気について
分かりやすく書いたのがこの無料レポートです。

吉永賢一さんは、これまで東大家庭教師シリーズとして
たくさんの著書を出していますが、今回は無料で
やる気を引き出す50以上のコツを教えてくれています。


いいくら免許の試験が難しそうと言っても、難しそうに思えても、東大の試験に比べれば
難しさは10分の1にもなりません。

免許の試験なんてカンタンに出来そうに、思えてきませんか?

PS
このレポートは、あなたを楽しく合格させる近道になってくれるでしょう。

しかも、一回使ったら終わりではありません。
大学の試験でも、就職試験や、資格試験にも使えるのです。

例えば、就職を有利にするため、高級を取るために、資格を取りたいと思う方も
いるでしょうし
会社側から、取って欲しいと頼まれることもあります。

そんな時にも、使えるのです。

これからも、苦痛やストレス、プレッシャーを感じながら、試験を頑張りますか?
それとも、楽しい気持ちでやる気があふれ出てきて受けるのと、どっちが良いでしょうか?

もちろん楽しいほうがいいですよね。

もし、プレッシャーに押しつぶされそうだという経験をしたことがあるなら
このレポートを読んでみてください。

もっと楽に合格できる方法を見つけることが出来るでしょう。
そして、今までの教育方法は、なんだったのかと思うでしょう。

読む前と後とでは、気持ちが全く違うはずです。

あなたは試験が嫌ですか?
このレポートは、あなたを今よりも、楽しい気持ちで試験にチャレンジさせてくれるでしょう。

無料レポートはこちらから。

しかし、この無料配布は予告無く終わると思いますので、、早めに手に入れておきましょう。