普通自動車免許の試験時間

普通自動車免許の、試験時間と問題配分

免許交付までの具体的な流れ

スポンサードリンク

一般的に免許といえば、この普通自動車免許のことをイメージしますよね。

ほとんどの方が自動車教習所へ通ってから運転免許試験場へ行くと思うので
簡単にその流れを紹介したいと思います。
詳細は各自動車教習所と運転免許試験場のホームページなどで調べて下さいね。



スポンサードリンク

まず自動車教習所での流れですが、入校手続きをすると次に簡単な適性検査があります。
そして先行学科を1時限受けてから、第一段階の技能教習と学科教習へと進みます。

第一段階の教習が終了したら、修了検定と仮免許学科試験を受けます。
これに合格すれば、いよいよ第二段階で路上デビューです。

第二段階の技能教習と学科教習が終了したら、最後に卒業検定です。
卒業検定合格後、卒業証明書が発行され、これで自動車学校は卒業です 。

教習所.com

そしていよいよ本番、運転免許試験場での試験です。
こちらでは視力検査などの適性検査と学科試験を受けます。
運転免許試験場が混み合うかもしれないので、受付時間を調べて、時間に余裕を
持って出かけて下さい。

学科試験問題は、文章問題90問+イラスト問題5問で出題されます。
文章問題が1問1点でイラスト問題が1問2点。90点以上で合格です。
問題数は多いですが、時間配分をきちんとすれば見直す時間もできるでしょう。

これに合格すれば免許証交付となります。

スポンサードリンク


なぜ、カンタンに試験に合格する人と、頑張っても落ちる人がいるのか?

→確実に合格するためには?