原付免許試験でよく出る問題

原付免許の学科試験でよく出る、間違えそうな問題

合格率は60%以下で、意外と低い

スポンサードリンク

原付免許は学科試験だけで取得できる免許です。
学科試験だけなので簡単に取得できるイメージがあるんですが、警視庁の統計によると
合格率は60%以下なんです。
意外に低い合格率です。
簡単だと思って、あまり勉強せずに受ける方が多いのかもしれないですね。



スポンサードリンク

ここでは原付免許試験でよく出る問題、間違えやすそうな問題を幾つか紹介します。
あくまでも例題の一部なので、問題集でシッカリ勉強して学科試験に臨んで下さい。

例題1,原動機付自転車は、強制保険の他に任意保険にも加入していなければ
運転してはならない。
この保険に関する問題は王道ですね。
答えは×です。任意保険に加入してなくても運転できます。

例題2,原付免許で小型特殊自動車の運転をすることができる。
答えは○。
原付免許では原動機付自転車しか運転できません。

例題3,原動機付自転車に積むことのできる荷物の高さは、荷台から2メートルまでである。
答えは×。
荷台からではなく、地上からです。

教習所.com

シッカリ勉強して臨めば取得は難しくありません。
頑張って勉強しましょう。

スポンサードリンク


なぜ、カンタンに試験に合格する人と、頑張っても落ちる人がいるのか?

→確実に合格するためには?