普通自動車免許の学科試験の、問題と特徴

普通自動車免許の、合格点数と学科試験の問題数について

仮免許と本免許の試験は、どう違う?

スポンサードリンク

普通自動車免許を取得するために受ける学科試験は2回あります。

初めに受ける学科試験は自動車教習所での仮免許学科試験です。
問題は50問で、90点以上で合格となります。

この仮免許学科試験は、原付免許などを持っていない人には初めての試験となります。
いままで勉強したことがなかった分野なので難しく思えますが、今後運転する時に必要な知識なので、シッカリ勉強しましょう。



スポンサードリンク

勉強のコツは、とにかく沢山の問題を解くことだと思います。
それ以外では、標識や道路標示などは身近な所に沢山あるので、意識して見るようにすれば勉強になるんじゃないでしょうか。

2回目に受ける学科試験は、運転免許試験場での本試験です。
こちらの学科試験は問題数が95問なので、仮免許学科試験以上に勉強しておかないと
合格は難しいです。


教習所.com

特に運転免許試験場での試験は緊張しやすいので、いつものようにいかないと思って
挑んだ方が良いですね。
90点以上が合格。95問中5問がイラスト問題で、配点も2点なので取りこぼさないようにしたいですね。

スポンサードリンク


なぜ、カンタンに試験に合格する人と、頑張っても落ちる人がいるのか?

→確実に合格するためには?